So-net無料ブログ作成
検索選択

W地面 [レイアウト製作記]

デッキガーター-10.jpg


デッキガーター用地面を作る前に、線路状態を再確認

C62で走行テスト、問題無く無事通過

デッキガーター-11.jpg


先ずは中央部のわざとらしい島状の丘部分から新地形造形

デッキガーターの時取付けて、ティンバートレッスルの時は外す仕組み

色々無い知恵を絞った結果、現地形上にアルミホイルを敷き
               その上に軽量樹脂粘土で造形する事に決定!!!

デッキガーター-12.jpg


上手く行きそうなのでティンバートレッスルの足が刺さっている部分も同じ工法で作業中

デッキガーター-13.jpg


こんな感じで造形完了、後は粘土の乾燥をまつばかり

デッキガーター-14.gif


換装したら、元の地面との境目にパレットナイフを差し込み剥がします

デッキガーター-15.jpg


崖や手前の地面の色合いを暗めにと言うか灰色が多くなる様修正中

デッキガーター-16.jpg


デッキガーター用地形を載せて地面を色塗り

しかし思った以上に合せ目の隙間が目立ち、大失敗・・・ トホホ

崖も地面も黒くし過ぎなので。再手直しが必要でしょう・・・ こちらもトホホ

デッキガーター-17.jpg


被せ地面を建物ベースまで大拡大する事に

面積が広いので軽量樹脂粘土を水で溶いてクリーム状にして ペタペタ

乾燥するまでかなり時間が掛かりそう、如何なる事やら・・・



           模型いじり出来る時間があまり取れそうに無い今日この頃、では、また。


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 6

Gut

前回も言いましたが、本当に面白い発想だと思います。
橋だけでなく、地面まで交換できちゃうってのも凄いですね。
手法は違いますが、実は私もずいぶん前からヨーロッパ型レイアウトの中に日本の情景を組み込む企画があるんです。
それは、トンネルの中の秘密…。
by Gut (2016-09-03 21:07) 

ジュンパパ

Gutさん、nice & コメント有難うございます。

ティンバートレッスルに弁慶号ならともかく、C62やD51はさすがに似合わないので苦肉の策と言えるかも。
後はホームを如何しようか迷っています。何せ現状ではレール高さとほぼ同一な仕様なので。
by ジュンパパ (2016-09-04 18:44) 

がおう☆

こんにちわです。
地形を薄く上から重ねるのは面白いですね。
合わせ目は、建物付近まで延ばせば死角に入るようなので、目立たなくなりそうです。
建物を取り替えたりするのは目にしますが、橋ごと地形を変えるのは珍しいので、試行錯誤が多いとは思いますが頑張ってください(^^)/
by がおう☆ (2016-09-05 12:08) 

トータン

当に入れ歯の原理ですかね 寝る時は外して起きたら嵌める 発想が素晴らしいです 恐らく薄い生地ですから経年で反りなども出てくるでしょうけれど 自作ですからいつでも修正できますからね(^^
え?、駅も交換式ですか? でも、恐らく駅のほうが他との繋がり関係は簡単な気がします、上から被せるとか・・・・・・・地面に同化させるよりは簡単なような????無責任なこと書いちゃってゴメンナサイ(^^; 考えてみたら駅周りの風景もアメリカでしたからね~ ホックを外して新規って事になりえますね~ これらの工事は アメリカ型に変更する予定は有りませんが 風景の変更のアイデアを頂いたと思います(^^
by トータン (2016-09-05 12:45) 

ジュンパパ

がおう☆さん、コメント有難うございます。
こんなバカな発想のレイアウト私も見た事有りません!!!

橋は交換式ですが、その上に載る線路は共用となります。
薄い地形の基礎のアルミホイルは建物のベース下まで伸びてベースで押さえる事になります。

by ジュンパパ (2016-09-05 17:49) 

ジュンパパ

トータンさん、nice & コメント有難うございます。

入歯ですか、? ちょっとイメージ違うかも、何故って何時も橋は掛かっていますので。
何かに例えるなら、メガネを形違いの物に架け替えるイメージかもしれません。

駅も建物もレイアウト上に置いてあるだけなので交換は全く問題無いんです。
問題なのはホームなんです。上にかぶせる場合、現在ホームにいる人形を全て撤去しなくてはいけない点と、駅舎側から中央の島ホームに如何渡るかなんです。
トータンさんの真似をしてGMの跨線橋でも作りましょうか。
by ジュンパパ (2016-09-05 17:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。