So-net無料ブログ作成

C62 32号機 着工はしたけれど・・・ [ブラス工作]

C6232-キット 21.jpg

先ずは始めの一歩

今回製作の参考する「Nゲージ蒸気機関車」のキット組立を見ると
            組立順は色々ですが、キャブ組立が種々のハンダ付け技法習得に良いとか

なので、第一歩はキャブの2枚重ね部の貼り合わせから

C6232-キット- 20.jpg

当方製作環境はと言うと、レイアウト手前に作った小さな工作台 
            A3サイズ+αといったところ これでも今回大幅拡大したもの
                      狭そうですが、相手が小さなNゲージ十分な広さです

参考にするサイトをレイアウト上に設置のタブレットで見ながら作業って感じ
          実際にはタブレットを手に取って写真を拡大して参照って事に成りましたが・・・

ハンダ鏝は工作台には載らないので、横のちょっと低めのブリキ缶(ゴミ箱)の上

C6232-キット 22.jpg


初日は3時間掛かってやっとこれだけ・・・

屋根上のフックで手こずった為です

最初に付けた左側は取付足を折ってしまい更にピンセットの先から ピン・・・ 涙

フック無しはおかしいので、0.25φのリン青銅線をU字に曲げて取付
                           右側との歴然の差・・・ アタリマエ グスン

部品と同じ板の端を切出し、0.5φの穴を開け周りをヤスリで削って
                       何とか似た様な部品を作ってハンダ付け

いやはや大変

C6232-キット 23.jpg


2日目は先ずはハンダ鏝先の調整から

先端をヤスリで削って銅の肌に、そしてハンダメッキ  幾分使い易くなった気が

C6232-キット 24.jpg


屋根の天窓や信号炎管を取付けましたが、やはりハンダの流し過ぎ
          鏝先にハンダを載せすぎなんだとは思いますが、加減が難しい

で、キャブ窓の庇の部品が見当たらない、説明書に板の番号が無い???

各板を眺めて探す事30分以上、無い・・・

ふと思って小物がまとまっている袋を覗くと、な、なんとらしきを発見!!!

以前検品した時、丸く成形されているので何の部品か見当が付きませんでした
                      そう、3個付いているので、まさか庇の左右+αとは

C6232-キット 25.jpg


今週はやっとこれだけ

キャブ扉の手摺が下に伸びているので、発泡スチレンの小片でカバー

右の後ろ側手摺、ハンダの流れが悪く取れてしまっています


いやはや何とも大変な作業、小さくて見えないし       、
                 ピンセットやハンダ鏝を持つ手は震えるしと・・・

でも、楽しい~ 楽しい~!!!  工作していると時間を忘れます
                勿論途中上手く行かずイライラも有りますが、それも楽しみの一部



そう言えば、Gutさんのブログの有ったKATOのユニトラ4番ポイント脱酸しやすい説、
            暮に入線したキハ82系で試してみようかなと思う今日この頃、では、また。


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 2

がおう☆

こんにちわです。

工作台いいですねー
私もこんな風にしたいなぁと願望はあります(^^)
Nサイズのキットハンダ付けは大変そうですが、楽しさが伝わってくるようです。
これは時間を忘れて没頭してしまいそうですね。
by がおう☆ (2017-01-21 11:34) 

ジュンパパ

がおう☆さん、コメント有難うございます。
写真には写っていませんが、工作台の左側に同じ程度の大きさの2段の工具等の物置ワゴンが置いて有ります。それが無いとこの工作台では狭すぎて不便な気がします。
by ジュンパパ (2017-01-22 09:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0