So-net無料ブログ作成
検索選択

室内灯 キハ82系 [車両&DCC]

室内灯 1.jpg


3か月前に買った キハ82系 おおぞら に室内灯を付ける事に

以前冷水鉄道さんの記事かコメントで、「実車は室内灯は昼間も付けてるし・・・」
                         みたいな事を読んでそう言われれば確かにと

で、重い腰を上げて、ササット作業 ?ナンノコッチャ?

先頭車の普通車とグリーン車で様子見、やっぱり思った通り、赤・青・・・

室内灯 2.jpg


室内灯はブログなど拝見している方たちは、大体が自作の所謂 夕庵式室内灯がほとんど

でも私、結構 純正派なんです、何故ってDCCデコーダーが取付けが簡単だから

室内灯 3.jpg


純正を使う理由はこちらにも。

これ、オクで処分したアメ客車から外した室内灯部品、結構有ります

KATOの「11-210」と言う品番で6個入りの物 新品が3セット程有り
                    更に外した物は25両分ぐらいは有ります

これを使わない手は無い訳ですが、後で判ったのですが・・・ 大変でした

室内灯 4.jpg


ボデーを外して純正室内灯とDCCデコーダーをポン付けすれば完成

でも、これはいただけません、真っ赤に真っ青。
            運転中俯瞰目から見るNゲージでは気に成り過ぎです

ま、これが嫌なので、室内灯を付けてないと、言い訳・・・

KATOのアメ客車は室内グレー系等でこれほど気に成らなかったと思います
               日本車でもクリーム色系の内装車も多い様なのに、この編成は・・・

室内灯 5.jpg


もお 座席&床を塗装するしか無い、 ア~~大変そう・・・

ブラスモデルの塗装用に 水性アクリジョン を使おうと、
              昨秋に買って有りました使ってはいませんでした、初トライ

塗装時は写真どころでは無かったので、色々並べてイメージ写真を、パチリ

ネット上で使用法・使用感・希釈割合等々を読んで一応お勉強

室内灯 6.jpg


マットなグレーで塗ってみました

最初、白に黒を1滴とマット剤を少量入れた物を            、       
 同量のエアブラシ専用うすめ液で割って、プシュ~~
              隠蔽力が弱く、生地の青を隠すには結構塗膜が厚くなってしまいました
                                                 
   そして乾きがとっても遅い・・・・・  こりゃだめだ、研究 & お勉強しなくては
          どうやらエアブラシ専用うすめ液にはリターダーが結構入っている様で乾きが悪すぎ
                   その分エアブラシのノズルが詰まりにくいのでしょうが、幾らなんでもって感じです


早速、隠蔽力UPを目指してグレー他の色を買い足し、再トライアル

ネット上の使用記やらYouTubeに上がっている使用法などでお勉強

結果、希釈にはエアブラシ専用では無いうすめ液を使い 、
     塗料3:うすめ液1 + 水2滴(どうやら水が肝)で大成功!!! ヤッタネ
                 そう言えば「Nゲージ蒸気機関車」のアクリジョン使用記にも水を入れると有った気が

室内灯 7.jpg


やはりシートは赤や青にしないと感じが出ない、普通車のシートバックは明るいグレーに

シート等の色差しはアクリジョンを調色するのも大変なので                、
使い慣れたガッシュアクリックを筆塗り、両方アクリル系なので大丈夫でしょう

あと食堂車が有りますが、内部が白っぽいクリーム色系なので塗装は省略

室内灯 8.jpg


続いてこちら、やはり特急の座席には座席カバーがないとね~

大変そうだけどやってみたくて、キハ82系を買った時に買っていました

室内灯 9.jpg


コツコツ・コツコツ 気が遠くなります、肩が凝ります・・・

カッターの刃先でチョンと刺し取り、ピンセットで位置決め貼り付け
                      ひたすらこれの繰り返し、繰り返し、飽きる~~

室内灯 10.jpg
室内灯 11.jpg


ふあ~~ 完成!!!! (もう一両写真撮り忘れ)

それなりの達成感は有りますが、肩凝り・目凝り・腰凝り・・・


                 後はライトユニット・導光板を取付ければ完成の筈、では、また。


nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 8

がおう☆

こんにちわです。

うーん大変!(笑)
室内灯を付けると、やっぱり室内塗装に皆さん向かうんですね~
私もこれから、この室内灯のディープな世界に向かおうと思っているんですが、こういう記事で足踏みしちゃいます(^-^;
余程、根性入れてかからないとダメみたいですね。
by がおう☆ (2017-03-25 12:46) 

目黒のダンボ

こんにちは。
内装作業、お疲れ様です。
疲労困憊で大丈夫でしょうか?
特に、ヘッドカバーのシール張り、編成ものだと大変ですよね!

私はKATOの489系「白山」をDCC化しようと室内灯ようのデコーダーも編成分用意していたのですが、放置状態に。

完成後の動画を楽しみにしています!

by 目黒のダンボ (2017-03-25 15:57) 

ジュンパパ

がおう☆さん、コメント有難うございます。
室内灯を付け点灯した時、車内が無色な感じで明りの色が生えるのが一番と思っているので、今回の様に真っ赤や真っ青になるのは論外。
以前は通路に白色テープを貼程度でごまかしていましたが、こん回の物はそれでは誤魔化しきれなかったので大仕事に成りました。
ディープな世界も嵌ってみると楽しい物です。

by ジュンパパ (2017-03-25 19:30) 

ジュンパパ

目黒のダンボさん、コメント有難うございます。
ヘッドカバーのシートはもう少し薄く柔軟性の有る材質かと思いましたが、宛名シールみたいな紙をレーザーカットしただけの物だったので貼り付けには苦労しました。
動画は最近撮ってないですね。半月ほど前にキハ40のサウンド入り撮りをトライしたのですが、現在隣のマンションが耐震工事中なので、工事音がうるさく全くダメでした。
ま、このキハ82系は音なしなので何とかなるかも。

by ジュンパパ (2017-03-25 19:43) 

Gut

これはすごいっ!
拘りましたねぇ。
ちゃんとシートの色は残して、通路や座席の脇だけ塗装するのは大変な作業だったのではないでしょうか。
そしてシートカバーまで。
さすがです!
by Gut (2017-03-25 19:56) 

トータン

確かに、電飾だけの工事しかやっていない私にとっても戒め記事ですね~ あのような現象に目をつぶっている・・・・・・でも、そのうち時間が出来たら内装もやってみようって思うことはあっても今まで放置状態です(^^;
シートの貼り物はやった事ありますが とんでもない作業ですからね~ 自分は自作のシールを貼り付けましたが一気に嫌になりましたから・・・・数両分プリントしたけれど2両ほどでやめてしまいました
さて、効果のほどが気になります(^^
by トータン (2017-03-26 09:33) 

ジュンパパ

Gutさん、nice & コメント有難うございます。
マスキングをするのが面倒なので、一旦シートもグレーで塗りつぶし、乾いてからシート等は筆塗りしています。
カバーは初めてのチャレンジ、途中で筆塗りで誤魔化そうかと何度も思いました。なのでカバーは次回は無いかも。
by ジュンパパ (2017-03-26 13:01) 

ジュンパパ

トータンさん、nice & コメント有難うございます。
室内灯を入れて真っ赤や真っ青にならなければやるつもりは無かったんです。
ですから、内装が白っぽい食堂車は全く手を付けていません。
シートのカバーは何となく一度チャレンジして見たかったので、はい。
効果の程は次回写真を撮ってみましょう。
by ジュンパパ (2017-03-26 13:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。