So-net無料ブログ作成

PECO PECOと [レイアウト製作記]

02--2017大改造 1.jpg


ターンテーブル桁の両端に有る給電端子を全て外しました
                                  よゐこはまねしないでね

KATOのターンテーブルの配線方法は、桁が止まった両側の線路に、
           この給電端子から転車台コントローラー経由給電し、車両が動く仕掛けです


DCC採用の当鉄では、桁と周囲の線路の給電を別々に行った方が
                           制御し易そうなので、こんな荒業が登場
実はこの端子を外さずにターンテーブル付属線路と周りの線路を絶縁ジョイナで繋ごうとPECOの物を買ったのですが・・・


02--2017大改造 4.jpg

前方後円墳の調査も無事終わり、扇形機関庫用線路敷設

右端中央の点線で囲った部分は扇形機関庫内線路用給電部

機関庫側と本線からの転車台に繋がる線路配線は同極接続で      、
     転車台桁が半回転して極性が逆になった場合は、DCCの極性反転器で
                   ショート検知して自動切り替え出来る様に設定してあります

02--2017大改造 5.jpg

機関庫内の各線路は給電した線路とマグネットワイヤーで電気的に接続
                            これで庫内6ストールの給電配線完了

今回はこの線路の上に扇形機関庫を被せ置く設置方法にします

02--2017大改造 2.jpg

話が前後しますが、機関庫の線路設置が終わって桁を動かすと有る位置で引っかかって停止・・・

どうやら周回線路がほんのちょっとピット側に出っ張ると         、
           ワールド工芸の後付け上路式桁カバーに接触して動かない様子

線路を押し戻せば良いのですが、この際桁カバーの位置も調整する事に

02--2017大改造 3.jpg

カバーを外して貼り直しですが、前回は両面テープを桁全長に貼っていましたが
                      今回は両端のみとして貼り易く剥がしやすくすることに

02--2017大改造 8.jpg

さていよいよPECO PECOと先日買ったポイントの設置開始
                         そう言えば最近 ピコ太郎って???

先ずは3wayポイントと小型ポイント2個が載る台板2t合板から適当に切出し

3wayポイントにはマシン取付穴が無いので通常PL-9のマウントプレート等を使います
      更にマシンにPL-13の切替スイッチも付けると高さ(深さ)約30mmとなり難題発生の恐れ

なのでこのベース合板にマシン取付穴を明けてマシンを付ける事にしました

02--2017大改造 9.jpg

今回の3wayポイント取付部ベースの穴掘り

ベースの厚みは25mm+2~3mm有りその下はベニア

点線丸部分は以前電動アンカプラーを取付けた際明けた穴            、
個の穴部分には下に支えの縦根太があり穴明けに非常に苦労しました

今回は何とか穴明けせずに上手く行く事を祈りながら穴掘りしました

02--2017大改造 7.jpg

これベースにポイント3個とマシン4個を取付けた状態です

ベースが他の線路と干渉していますが、何とか深さの問題はクリア出来そうです

02--2017大改造 11.jpg

これでポイントブロックは完成

4個のポイントマシンを2個(1個2回路内蔵)のポイントデコーダーで駆動

デコーダーの電源及び信号は矢印の線路から取っています

レイアウトの線路に繋ぐだけで、ポイント操作が可能で、一切の追加配線は有りません

デコーダーは前の写真でベースを貫通する穴からレイアウト裏に回します

02--2017大改造 10.jpg

これで後はターンテーブルに繋がる線路の整備となります

「そうだ! PECOだ!! PECOを使おう」と思って英国に注文してから       、
         10日あまりでここまで完成、さすがDHL、そして がおう☆さんに感謝



ここまで作って、やはり エレクトロフログとDCCって如何なのと悩む、今日この頃
                                                      では、また。

nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 7

コメント 4

トータン

大工事になっていますね ポイントの集中部分はなんとも圧巻です 私はKATO線路ですので3wayなどもありませんのでこの様なバラエティーなポイント配置は夢でしたね しかしDCCではないのであまりポイントを複雑にすると今度は操作で迷ってしまいますからね(^^;
あ~これからこちらも大工事が待っているような予感が・・・・・(vv;
by トータン (2017-05-09 17:50) 

がおう☆

こんばんわです。

DHLは早いですもんね。まるで国内で買ったのと変わらない位のスピードでやってきます。
3WAYを介しての更に分岐・・・涎ものです(笑)
ポイントフェチには堪りません(^-^;
ターンテーブルもポイントもDCCならではの工夫が要りますね。
設置は好きなんですが、電気の方の頭が付いてこないです(爆)
私も年内にはもう一度、イギリスに注文が必要な様相です。
by がおう☆ (2017-05-09 17:56) 

ジュンパパ

トータンさん、nice & コメント有難うございます。
KATOも3way出してくれると助かるんですがね。
DCCでもポイント操作は基本DC仕様と同じなので、「どれをどちらに動かすとここに行ける」みたいな事を考えながらの操作が必要でこんがらがります。
独立したポイント切り替えスイッチが無く、何番を左右どちらに動かさねばと考えながらの操作なのでかえって大変かも。
まPC連動操作にすれば、画面上の配線図で「このルート」みたいに指定して複数ポイントを一気に動かす事も出来ますが、ちょい運転の為にPCを立ち上げるのが面倒なのでほとんどやっていません。
by ジュンパパ (2017-05-09 19:23) 

ジュンパパ

がおう☆さん、コメント有難うございます。
ほんとDHLの速さにはビックリしました。
DCC用ポイントは本当はインサルフログが良いのですが、ファインの3wayや小型ポイントはエレクトロフログしかないので、現在改造作業に四苦八苦している状況です。(PECOのインサルフログよりKATOの非選択式の方が更に良い)

私もファインフレキを何本かと、Setrack のカーブポイント(内側R263.5、外側R298.5)を試してみたいので、英国に発注しようかと思っていますが、特に急がないで保険付ロイヤルメールにしようかと考えています。
あとダブルスリップも試してみたい。

by ジュンパパ (2017-05-09 19:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0