So-net無料ブログ作成
検索選択
車両&DCC ブログトップ
前の10件 | -

DD51 [車両&DCC]

DD51-3灯 1.jpg


これ、当鉄がアメリカから北海道に転換しつつある今年4月に購入

レイアウト工事が忙しく、手付かずで戸棚に仕舞って有りました
                           そう言えばC11の未だ手付かず・・・


ここ何日かはゆっくり出来たので、DCC化工事をする事に


DD51-3灯 2.jpg

その前に、こちら標準のDD51 中期耐寒形                      、
2年近く前にDCC化済なんですが、集電不良の様で、走りが非常に悪い

DCC化工事を進める前に、集電不良の原因を突き止めないと
                 同じ様になると不味いので、分解してみます

続きを見る


nice!(7)  コメント(2) 

やっとレイアウト でびゅ~ サロベツ!! [車両&DCC]

さろベツ 1.jpg

TOMIXのキハ183 サロベツ A セット

何故やっとレイアウト でびゅ~かと言うと、そうDCC化完了です

鉄橋横の岩場は日本風になりましたが、気が付けば背景画が・・・

このサロベツ、7月の初めにBセットと共に買いましたが、やっとお手入れ

Bセットは未だ全く手付かずの状態

続きを見る


nice!(6)  コメント(0) 

スーパーおおぞら 快走中!!!  [車両&DCC]

スーパーおおぞら 131.jpg
この写真折角なので少し大き目です

キハ283系「スーパーおおぞら」がR282のS字カーブを快走中

車体の傾き具合でボデー外板の色味が随分違うのが判ります

続きを見る


両極性デコーダー キハ40 1700番台 [車両&DCC]

キハ40 回路.jpg
この図。TOMIXのキハ40系M車の基盤回路図です

両側運転台なのでヘッド&テールランプが2組            、  
         ヘッドとテール点き別けは単純に線路電源の±とLED極性に依存してます

この回路を制御する「両極性」デコーダーってなかなか無いんです。

FL12-1.jpg

KATOなら、この先頭車デコーダーと言うFL-12を使えば簡単なんですが・・・
      「両極性」デコーダーでは無く、ヘッド・テール各々の回路が有ります

色々ネットを調べると、有りました、FL-12を「両極性」化する方法が下記サイトに

           http://spur-z-room.com/modules/dcc/index.php?content_id=24

         このサイト以前zゲージでDCCやっていた頃によくおじゃましていました

写真の様に5&6番ピンのDC出力、コントローラーの前後進切替で±が逆転します

ヤッタネ、って感じですが、増幅回路を通していないのでDC5.5Vぐらいしか出ない・・・

FL12-3.jpg

そこで止む無く、永末システムのこちらをかってみました

これなら出力はDC12V、ただFL-12に比べるとちょっとお値段高め・・・

続きを見る


久々蒸気いじり [車両&DCC]

D51-ギースル-DCC-1.jpg

D51ギースルエジェクタ、3年ちょっと前に買ってそのまま棚で寝てました

手前の部品は、MRCの蒸気サウンドデコーダー、以前何かに使った物

なぜ突然蒸気かと言うと、デコーダーの前後進ライト点灯時の+-回路構成を確認して
              極性反転で点消灯するTOMIX車のヘッド&テールライト回路に
                    如何すれば対応できるかを考える為に使ったのがこのデコーダー

やっぱり無理だな~~ってのが結論でしたが、折角出したデコーダー、付けてみようかと

最近はデジトラックスの音の書き換え可能なデコーダーを使っていますが
                                 以前は蒸気はほぼこれ一本

D51は音源ファイルも無いし、既に2両にこれと同じ物を付けているので統一

続きを見る


キハ82系 室内灯 続き [車両&DCC]

室内灯 24.jpg
室内灯 25.jpg


キハ82系のシート & 床塗装・室内灯取付の結果が上の写真

室内灯を点灯すればシートの様子などそれなりに見えます
           実際に肉眼で見ると写真程では有りませんがそれなりに

室内灯 20.jpg


こちらがシート&床塗装のBefore・After

真っ赤・真っ青は収まりましたがそれでもシート色に若干引っ張られる様です
                  床をもっと白っぽく塗れば良かったのかもしれません

続きを見る


室内灯 キハ82系 [車両&DCC]

室内灯 1.jpg


3か月前に買った キハ82系 おおぞら に室内灯を付ける事に

以前冷水鉄道さんの記事かコメントで、「実車は室内灯は昼間も付けてるし・・・」
                         みたいな事を読んでそう言われれば確かにと

で、重い腰を上げて、ササット作業 ?ナンノコッチャ?

先頭車の普通車とグリーン車で様子見、やっぱり思った通り、赤・青・・・

室内灯 2.jpg


室内灯はブログなど拝見している方たちは、大体が自作の所謂 夕庵式室内灯がほとんど

でも私、結構 純正派なんです、何故ってDCCデコーダーが取付けが簡単だから

続きを見る


北の大地に進化中  DF200 [車両&DCC]

DF200-1.jpg


前回の結膜炎Before・Afterで書いた様に、そう、これが入線しました!!!  

ヤフオクで買いましたが、全くの新品、しかし経年劣化か
                 NOのインレタが貼り付かず大苦戦を強いられました

NOが上手く貼り付かず、2種類の#失敗、3種類目を貼って
          表面の固定用シートを残したままとも考えましたが、何とか・・・

とにかくシートを剥がすと文字も一緒にくっついてくるので 、
        それを1文字づつ剥がしてボデーに貼り付けの作業を強いられました

51形客車.jpg


そしてこんな物も入線!!!

DD51に牽かせるのに良いかなと、オクや中古屋さんを検索、結構お高い・・・

ふとアマゾンを見ると、新品が売っている、しかも中古よりも安い、即 ポチりました


てな事で、当鉄はアメ鉄変じて、北の大地に進化中となっています。
              最盛期200両を超えたアメ鉄車も70両近くをオク処分、道内車は60両越えとなりました

続きを見る


結膜炎? DF200 [車両&DCC]

DF200-2.jpg

写真のバックのグレーが同じ色合いに見える様に色温度調整しています

これ、冷水鉄道さんでお題になっていたDF200のヘッドライト

左のBeforeは「結膜炎」仕様の黄色ヘッドライト                  、 
        右のAfterはちょと小細工、違和感無い程度に薄黄色化、実車に近い感じかも
                                            小細工方法等はその内に


キハ40 サウンド化 [車両&DCC]

SDN144-3.jpg


DCCのデコーダー等を入れている箱中をゴソゴソしていたら、これ発見

デジトラックスのSDN144

これ、コンコー製のパイオニア ゼファーに入れていた物          、
   コンコーがカスタマイズしたSDN144に入れ替えた為の余剰品、
                                     すっかり忘れてました
               コンコー カスタマイズ品は何処がカスタマイズされているのか良く解りませんでしたが・・・

C6232-キット 30.jpg


ブラス模型の進捗はこんな感じ
               ドームとキャブは載せただけの状態

デコーダーの換装でハンダ鏝をブラス工作用鏝先付40Wを
                 電気工作用の30Wの物に置き替えたのでちょっとお休み中

続きを見る


前の10件 | - 車両&DCC ブログトップ