So-net無料ブログ作成

キハ54にトマラン付けてみた [車両&DCC]

トマラン-1.jpg

最近DCC関連ブログでトマラン回路の妄想が出ていたので
ふと 「TOMA-RUN With Tnatalumu」を思い出し基板購入

タンタルコンデンサーは220μF 16Vの物を20個別途入手

トマラン-2.jpg

先ずは4個を並列配線どんな感じに成るのか大実験!!!  大袈裟・・・

手持ちで有ったブリッジダイオードとLED+540Ωを繋いで スイッチON!

無事点灯(当り前か・・・)、OFFにするとゆっくり消灯してゆきます

ところでweb上の情報では
「タンタルコンデンサは故障モードがショートなのでヤバイ」
みたいな話が書いて有りますが、メーカーサイト等では
「アルミ電解コンデンサのような電解液を用いていないため液漏れやドライアップの心配がなく、
経年による性能変化が非常に少ないため、タンタルコンデンサには寿命の定義はありません」
とも書いて有ります。使い方を間違えなければ故障しない!!
以前使っていたMRCのサウンドデコーダーを見ると
タンタルコンデンサがしっかり載ってます





前回に続き動画の連投

DCのパワーパックはメルクリンのZ用しか持っていないので
10年位い前に買ってほとんど使っていないNGDCCのこれを使いました

これとは、BEMF機能付きPWMパワーパックもどき
電圧・電流がデジタル表示されます 
(BEMF:Back EMFとは一定スロットルならば負荷に関係なく定速走行させる機能、
車のクルーズコントロールもどきと思えばいいかも)


動画の17秒あたりの電源ONで40mA表示されます
コンデンサーの突入電流でしょうか?
多分実際はもっと流れているんでしょうね
(約10msecの間隔で電流チェックなのでピークは解りません)

続きを見る


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー